【大阪杯】ジェネシス 絶好の仕上がり!ラスト1F11秒6で半馬身先着

[ 2020年4月2日 05:30 ]

<大阪杯>北村友騎手を背に併せ馬で追い切るクロノジェネシス。奥はリュヌルージュ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クロノジェネシスが絶好の仕上がりを印象づけた。北村友を背にCWコースで5F68秒8~1F11秒6。直線シャープに伸び、先行したリュヌルージュ(5歳オープン)に半馬身先着した。北村友は「テンションが一番の課題。そのあたりがどうなのか確かめました。折り合いはペースが遅い中でも、しっかり我慢できていたし、凄く良かったと思います。それでいて最後までやめるところもなく一生懸命。力強さが出てきました」と極上の手応えを示した。 大阪杯

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年4月2日のニュース