グラスワンダーが種牡馬引退

[ 2020年4月2日 10:51 ]

第40回宝塚記念で、スペシャルウィークをかわし優勝したグラスワンダー
Photo By スポニチ

 北海道新冠町のビッグレッドファームでけい養されているグラスワンダー(牡25)が種牡馬を引退することが決まった。今後は同ファーム近くの明和牧場を余生を送る。

 現役時代は15戦9勝。G1は97年朝日杯3歳S、98&99年有馬記念、99年宝塚記念の4勝。種牡馬としてはアーネストリー、スクリーンヒーロー、セイウンワンダー、ビッグロマンス、マルカラスカルと5頭のG1ウイナーを輩出。スクリーンヒーローはモーリス、ゴールドアクター、グァンチャーレと3頭の後継種牡馬を送り出しており、グラスワンダー系が広がることが期待される。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月2日のニュース