【京成杯】7番人気クリスタルブラック重賞初V 鮮やか差し切りで無傷2連勝

[ 2020年1月19日 16:00 ]

<中山11R・京成杯>1番人気の(12)スカイグルーヴ(奥)との競り合いを制した(1)クリスタルブラック(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 3歳重賞の「第60回京成杯」(G3、芝2000メートル)は19日、中山競馬場で行われ、吉田豊騎乗の7番人気クリスタルブラック(牡=高橋文、父キズナ)が優勝、重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは2分2秒1。

 レースはロールオブサンダーが先頭を切り、ヒュッゲ、スカイグルーヴが前へ、キングオブドラゴン、ディアスティマが中団、その後にゼノヴァース、ビターエンダー、クリスタルブラックがつける展開。最終コーナー手前でスカイグルーヴが先頭をうかがい、ロールオブサンダーと並んで進出、直線でスカイグルーヴが抜け出したが、末脚を繰り出したクリスタルブラックが差し切って快勝した。

 クリスタルブラックから半馬身差の2着にスカイグルーヴ、そこから2馬身半差の3着にディアスティマが入った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月19日のニュース