【京都新馬戦】良血プリマグラードV!中内田師「この後もダート路線で」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

 京都4R新馬戦(ダート1400メートル)は除外ラッシュだった一戦は、祖母にトゥザヴィクトリーを持つ良血プリマグラード(牝=中内田、父ヘニーヒューズ)が好位から抜け出し、1番人気に応えた。福永は「スピードの乗りも良く、いい位置を取れた。乗りやすくて、おとなしいですね」と笑顔。中内田師も「上手に誘導してくれました。実戦でも、調教の良さを出してくれましたね」と振り返り、今後について「この後もダート路線になると思います」と語った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月19日のニュース