【日経新春杯】モズベッロV 池添「外から追い出すといい脚を使った」

[ 2020年1月19日 17:43 ]

<京都11R日経新春杯>直線で抜け出すモズベッロ(左)は2着に2馬身以上の差をつけ圧勝(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 条件馬とは思えない鋭い切れ味で、混戦を断ち切った。モズベッロはスタート後、サッとインを取る。道中は5、6番手。3コーナーの下りでうまく外へ持ち出せた。直線は自慢の末脚がスパーク。上がり最速タイ34秒5の末脚で、一気にネジ伏せた。

 鞍上の池添は15年から6年連続でJRA重賞V。「映像を見て、どういう馬か把握していました。長くいい脚を使うイメージ。坂の下りでアフリカンゴールドの後ろを取ることができた。うまく外に出せたし、外から追い出すといい脚を使ってくれました」と振り返った。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月19日のニュース