【万哲の乱 特別編】19日京都11R 3頭出し矢作厩舎からトレイルで勝負!!

[ 2020年1月19日 08:00 ]

 本日19日の京都競馬場では最終12R終了後、昨年の有馬記念で有終Vを飾ったリスグラシューの引退式が行われる。幸い、日曜の京都は曇時々晴、降水確率10%。悲願のG1初制覇を飾った18年エリザベス女王杯当日同様、柔らかな日差しに見守られた美しい引退式になりそうだ。

 リスグラシューが所属した矢作厩舎が京都11R・日経新春杯にタイセイトレイル、チェスナットコート、サトノガーネットの強力3頭出し。偉大な僚馬のために、メモリアルVを…の思いだろう。特に◎タイセイトレイルに注目。前走・ジャパンC(15着)は重馬場も響いたが、内有利の芝状態で外枠も響いた。発馬で挟まれ、位置取りでも厳しくなった。日曜の京都は土曜に続き、良馬場が濃厚。2走前のアルゼンチン共和国杯(2着)と同じハンデ55キロなら、即巻き返しは当然。リスグラシューと同じ成長力に富んだハーツクライ産駒。5歳春でこれからが伸び盛り。G1舞台進出のためにもVあるのみ。

 《もうひと押し》小倉11R・巌流島特別は◎ヒロイックアゲン。最内1番枠で競馬のうまさが生きてくる。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月19日のニュース