【中山新馬戦】ルフトシュトローム快勝 内田「強かった。距離も大丈夫」

[ 2020年1月19日 14:05 ]

中山6R新馬戦を制した(8)ルフトシュトローム(左)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 中山6Rの3歳新馬戦(芝1600メートル)は、1番人気のルフトシュトローム(牡=堀、キンシャサノキセキ)が2着メリディアンに3馬身半差をつけて快勝した。

 好位3番手でレースを進めると、4角で先頭に立ってそのまま押し切った。騎乗した内田は「変にケンカするより、ハミをかけながら。強かった。距離も大丈夫」と笑顔で振り返った。次走は未定。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年1月19日のニュース