【寺下の変 特別編】19日京都12R ブリンカー着用で圧勝したテルモードーサの逃げ推し

[ 2020年1月19日 08:00 ]

 土曜の京都ダート戦は逃げた馬が3勝。土曜7Rは11番人気の伏兵が逃げ切った。逃げ推しするのは、絶好のコンディション。ダートは迷わず、逃げ馬を買おう。

 京都の最終12Rは◎テルモードーサで勝負する。ブリンカーを着用した前走は大外枠から先手を奪うと、直線は後続を突き放して5馬身差の圧勝。馬具効果もあって、一変した走りをみせた。

 そのレースの勝ち時計1分11秒6は、暮れの阪神開催で最速タイム。2勝クラスの2レース(1分12秒0、1分12秒2)を上回っており、持ち時計だけ走れば昇級しても十分通用する。牝馬ながら、馬体重は510キロ超。スケールを感じさせる好馬体からも、まだまだ上を目指せる。

 馬券は単勝と馬連流しで相手はレッドランサー、クラシコ、エムオータイショウ、アカツキジョー、レジーナファースト、ロマンチスト、ロングベストの7頭へ。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年1月19日のニュース