【馬券道コバヤシ 特別編】19日中山11R 差し優勢の馬場ゼノヴァース末脚伸ばす

[ 2020年1月19日 08:00 ]

 天気は本当に難しい。小倉で行われた愛知杯は良馬場想定でフェアリーポルカを本命にした。フタを開ければ雨降り。重馬場になってしまった。外から脚は使ったが4着まで。もっとも勝ち馬デンコウアンジュを買っていなかったので、諦めもついたが…。続く小倉12Rは土曜の当欄で推奨したスマイルスターが1着。まだ流れはあると信じて、日曜日の馬券に臨みたい。

 中山は予報通り、雨と雪が交錯する空模様だった。道悪だと、芝は割と外差しが決まる。土曜日も差し優勢の一日だった。気温も低いので、馬場もそうは乾かないだろう。中山11Rは<6>ゼノヴァースから。3走して2走で上がり最速。前走はこの舞台で勝てたのが大きい。マーフィーは土曜の中山で<3122>。乗れている鞍上が心強い。馬場のいい所を通って、きっちりと差してくる。

 馬券は馬単で相手は○ロールオブサンダー、▲スカイグルーヴ、☆ビターエンダー、△リメンバーメモリー、キングオブドラゴン、ヒュッゲ、キムケンドリームへ流す。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年1月19日のニュース