【香港ヴァーズ】グローリー 衝撃の圧勝!尾関師も興奮「さすがマジックマン」

[ 2019年12月9日 05:30 ]

<香港ヴァーズ>グローリーヴェイズ(左)が3馬身半差の圧勝、2着ラッキーライラックと日本馬ワン・ツーを決める
Photo By スポニチ

 ヴァーズを制したのはグローリーヴェイズ。モレイラが会心の騎乗でG1初Vに導いた。「自信を持って乗った。勝てて最高の気分」。7番ゲートから好発。やや行きたがるヴェイズを落ち着かせるのに時間はかからなかった。「難しい位置にいたが、とても乗りやすい馬なので大丈夫」。4角から楽な手応えでポジションを上げる。残り300メートル、抜け出したエグザルタント、外のラッキーライラックの間を割る。瞬く間に両馬を置き去りにした。2着ラッキーライラックに3馬身半差の圧勝。尾関師も「さすがマジックマン。“こんなに強いのか”と驚いた」と興奮を隠さなかった。

 ◆グローリーヴェイズ 父ディープインパクト 母メジロツボネ(母の父スウェプトオーヴァーボード) 牡4歳 美浦・尾関厩舎所属 馬主・シルクレーシング 生産者・北海道洞爺湖町レイクヴィラファーム 戦績10戦4勝(海外1戦1勝) 総獲得賞金約3億4321万4000円。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月9日のニュース