【カペラS】菜七子 歴史的1勝に喜び「キッキングと関係者の皆様に感謝」

[ 2019年12月9日 05:30 ]

カペラSを制し重賞初勝利の藤田菜七子(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 JRAの藤田菜七子(22)が8日、中山競馬場で行われた「第12回カペラS」(G3)で、昨年の覇者で2番人気コパノキッキング(セン4=村山)に騎乗して優勝。日本人女性騎手として史上初のJRA重賞制覇を飾った。デビュー4年目、23度目の挑戦での悲願達成。歴史的1勝で、自身通算100勝に王手をかけた。

 【菜七子に聞く】

 ――今の気持ちは。

 「まずはコパノキッキングと関係者の皆さまに本当に感謝したい」

 ――レースプランは。

 「行ければ、(逃げた馬の)2番手につけたいと思っていたので、(ゲートは)それなりに出していった。ただ、他に速い馬もいたのであの位置になったけど、道中は凄くいい手応えだった」

 ――改めてキッキングの強みは。

 「自在に競馬ができるところですね」

 ――キッキングとの1年間を振り返って。

 「特に前走のJBCスプリントは勝てたかもしれないレースだったので、凄く悔しかった。こういう強い馬にずっと乗せていただいて感謝しかありません」

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月9日のニュース