【阪神JF】クラヴァシュドール 鼻差競り負け3着「理想の位置で運べたが…」

[ 2019年12月9日 05:30 ]

<阪神JF>3着に敗れたクラヴァシュドール(中央)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 クラヴァシュドールは中団からジワジワと伸びたが、マルターズディオサとの2着争いに鼻差敗れ、3着に終わった。藤岡佑は「これまででテンションは一番我慢が利いていたし、もまれない理想の位置で運べました。勝ち馬が楽に見えたので早めに動いたんですが、逆に突き放されましたね」と力負けを認めた。 レース結果

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月9日のニュース