【香港スプリント】ビートザクロックが差し切りG1・3勝目

[ 2019年12月9日 18:46 ]

 8日にシャティン競馬場で行われた香港スプリント(芝1200メートル)はビートザクロック(セン6=サイズ)が6番手のインでうまく脚をため、直線でしぶとく脚を伸ばして差し切った。

 これでG1は3勝目。モレイラは「一部の人は彼の素晴らしさを疑っていたようだが、強さを証明することができた」と喜んだ。日本と香港ともに1番人気を背負ったエセロは逃げの手を打ったが3着。パートンは「いい走りをしてくれたけど…」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月9日のニュース