アエロリット、有馬がラストラン

[ 2019年11月21日 05:30 ]

 天皇賞・秋で3着に好走したアエロリット(牝5=菊沢)の次走が有馬記念(12月22日、中山)に決まった。所属するサンデーサラブレッドクラブが公式サイトで発表した。クラブ引退期限の6歳3月までに適鞍がないことから、グランプリがラストランとなる。17年NHKマイルCの勝ち馬で18、19年安田記念2着などG1戦線で活躍。菊沢師は「天皇賞のダメージの回復は早かった。海外(米G1ペガサスWCターフ)にも遠征できて感謝の気持ちでいっぱい。最後にこの馬らしいレースを見せてほしい」と話した。鞍上は調整中。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月21日のニュース