【ジャパンC】ジナンボー、ムーアが太鼓判「動き自体良かった」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るジナンボー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新潟記念2着からの臨戦となるジナンボー。最終追いは新コンビを組むムーアが騎乗してWコースで単走追い。5F66秒1~1F12秒6(馬なり)で軽快に流した。「動き自体は良かった。感触をつかんでほしいとのオーダーだったが、コントロールなど特に問題はなかった」とムーア。レースについては「相手も強いし、いい勝負をするには、この馬自身の進化が必要」と控えめだった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月21日のニュース