【ジャパンC】ムイトオブリガード、堂々3馬身先着 角田師「時計的にも十分」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

併せ馬で追い切るムイトオブリガード(左)=撮影・亀井 直樹
Photo By スポニチ

 アルゼンチン共和国杯の勝ち馬ムイトオブリガードはCWコースで力強く伸び、併せたエオリア(5歳3勝クラス)に3馬身先着。角田師は「楽をさせてもやめようとするところがあるので最後までビッシリ。時計的にも十分」。週末の天気は下り坂の予報も出ており「速い時計の方がいいタイプ。ちょっとでも雨が降ると良くないからね」とポイントを挙げた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月21日のニュース