【スプリンターズS】(3)セイウンコウセイ 三度目の正直へ「100%以上の出来」

[ 2019年9月29日 05:30 ]

<スプリンターズS>2年半ぶりG1制覇へ条件は整ったセイウンコウセイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2年半ぶりのG1制覇へ条件は整った。夜明け前のまだ暗い北の角馬場で、セイウンコウセイは程よい気合乗りを見せながら20分ほど運動した。体の張りも抜群。「過去2回(17年11着、18年12着)は函館を使った時点でゴトゴトして、いい状態で向かえてなかった。今年は今までとは違い、高松宮記念後からここを目標にやってきて前走は七分の仕上げ。今週がMAX。100%以上の出来になった。ここ2年とは馬が全然違う」。運動を終え、馬上から下りた平田助手は笑顔で胸を張った。

 「枠順も本当にいい。どういう作戦でも取れる枠。雨も降れば、これ以上ない条件がそろった。これで駄目ならコース適性でしょう」と同助手。三度目の正直へ。人事を尽くして天命を待つ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース