【馬券道コバヤシ 特別編】29日中山11R 最強の内枠ダノンスマッシュG1V飛行

[ 2019年9月29日 08:00 ]

 スプリンターズSに出走するファンタジストは休み明け3走目で一番の雰囲気だ。久々の北九州記念は“競馬モード”に入らず14着に敗れた。スイッチを入れるべく、セントウルSではメンコを外すなど、調整を工夫。“やる気”を見せて2着と息を吹き返した。本命にしようと思っていたが、まさかの大外枠…。気持ちもシュンとなってしまった。

 中山は14年に路盤改修工事が行われて以来、内枠へ“シフトチェンジ”している。ここ4年で馬券で絡んだ12頭の内、1~4枠が実に9頭。軸はやはり内枠から選びたい。本命はダノンスマッシュ。内枠を引けば3戦3勝とパーフェクト。坂路の最終追いも地面を叩きつけるような力強い脚取りで駆け上がった。2歳オープンの土曜中山9R(芝1200メートル)は勝ち時計が1分8秒8と例年より速い。持ち時計がないのだけが不安。ひと雨が欲しい…。午後から天気は下り坂。雨ごいでもするか。

 馬券は馬単で相手は○タワーオブロンドン、▲ファンタジスト、☆モズスーパーフレア、以下△セイウンコウセイ、リナーテ、ダイメイプリンセス、ミスターメロディへ。ファンタジストとの3連複2頭軸も買い足しておきたい。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース