【サフラン賞】ディオサ無傷2連勝 武豊「キズナ産駒はいろんなパターンで走る」

[ 2019年9月29日 15:00 ]

 牝馬限定2歳1勝クラスの中山9R・サフラン賞は、武豊騎乗の4番人気マルターズディオサ(手塚、父キズナ)が無傷の2連勝を飾った。大外9番枠から出遅れて後方に置かれたが、3~4角で外を回って徐々に進出。直線の叩き合いからグイッと抜け出した。

 父キズナの主戦を務めていた武豊は「スタートは遅かったけど流れには乗れた。4角を回る時の脚が良く、最後もしぶとかった。キズナの産駒は、いろんなパターンで走るね。身のこなしが柔らかく、今後が楽しみ」と勝ちっぷりを絶賛。

 今後について手塚師は「3回使ったので、これでひと息入れる。G1(阪神JF=12月8日)一本で、入らないようならフェアリーS(施行日未定)へ」と話した。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース