【梅ちゃん先生 特別編】29日中山9R サナチャンの出番

[ 2019年9月29日 08:00 ]

 本紙コラムでは道悪血統タワーオブロンドン(スプリンターズS)をイチ押ししたが、中山9R・サフラン賞のサナチャンも道悪はかなりうまい。初戦の東京新馬戦。重馬場でも水カキを付けたように4番手からスイスイ加速、直線入り口で早々と先頭に立って押し切った。前走はスタートで遅れたうえに、大外枠が災いして大外を回らされるコースロス。良馬場の瞬発力勝負ではさすがに分が悪かった。道悪に舞台が替われば巻き返せる。

 ≪阪神11R キョウヘイが復活≫阪神メイン・ポートアイランドSはキョウヘイから。リフレッシュ効果で馬体の張りが一変した。前走・福島テレビオープンでも最後方から4着まで追い込んでおり、重賞ウイナー(17年シンザン記念優勝)の復活は近い。名うての道悪巧者。馬場が渋れば好走確率はさらにアップする。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース