藤田菜七子 3週連続Vで今年30勝目を達成 伏兵を勝利に導く「凄くいいリズムでした」 

[ 2019年9月29日 13:45 ]

<中山競馬7R>ヴィエナブローでレースを制した藤田菜七子(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 藤田菜七子(22=根本)が29日、中山7Rの3歳以上1勝クラス(芝2000メートル)で、5番人気のヴィエナブロー(牝3=林)に騎乗し逃げ切り勝ち。勝ち時計は1分59秒5(良)。菜七子は3週連続Vで、自身の年間勝利記録を更新する30勝目を挙げた。JRA通算77勝。

 節目の今年30勝目は軽量49キロを生かした逃げ切り。5番人気の伏兵を勝利に導き、相手には2着13番人気、3着9番人気と人気薄を呼び込んで3連単241万4110円の波乱を演出した。「前々に行こうと決めていたし、ゲートも出てくれた。道中も凄くいいリズムでした」と菜七子。コンビ5戦目のヴィエナブローでは未勝利、1勝クラスと全2勝を菜七子が挙げている。2走前はG2フローラSにともに出走し16着だった。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース