【スプリンターズS】モズスーパーフレアは果敢に逃げるも2着  松若「最後まで頑張ってくれたが…」

[ 2019年9月29日 16:38 ]

<スプリンターズS>タワーオブロンドン(8)がモズスーパーフレア(7)を一気に差し切って1着。ダノンスマッシュ(2)は3着(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 3番人気モズスーパーフレアは前半3F32秒8で逃げまくったが、最後はタワーオブロンドンに半馬身かわされて無念の2着。

 G1初制覇がお預けとなった鞍上・松若は「前走(北九州記念4着)より状態も上がり、返し馬の感じも良かった。最後までしっかり頑張ってくれたが、勝ち馬の決め手が1つ上でした。思った通りの競馬はできたのですが」と無念の表情。

 師匠の音無師は「惜しくはない。“もう2歩”という感じ。欲を言えば、4コーナーでもう少し後ろを離せれば良かったが、いつもの自分の時計で走れているからね」と振り返った。今後は放牧で充電を図る方針。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年9月29日のニュース