【スプリンターズS】ミスターX 絶好舞台スーパーフレア◎

[ 2019年9月29日 05:30 ]

 秋のG1シリーズ開幕を告げる中山11R・スプリンターズSはモズスーパーフレアを本命に指名する。スペイツタウン産駒の快速馬。今年の初めには今回と同じ中山6FのカーバンクルS(オープン)→オーシャンS(G3)を連勝。当舞台【3・1・0・0】と絶好の相性を誇っている。

 高松宮記念は苦手の左回り、外枠と条件が厳しく15着と大敗。それでも、休み明け初戦の前走・北九州記念では4着と巻き返した。その前走も馬体重26キロ増、ハナを奪えずと決して本領を発揮できたレースではなかった。それでも勝ち馬から0秒3に食い込んだのは実力の証。全ての条件が好転する今回は圧逃Vがあっても驚かない。(7)から(1)(2)(8)(9)(13)。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年9月29日のニュース