【シリウスS】戦い終えて

[ 2019年9月29日 05:30 ]

 ▼2着アングライフェン(川田)ハンデに恵まれませんでしたけど、しっかり走ってくれました。具合も良かったと思います。

 ▼3着メイショウワザシ(松山)スタートはうまく出たけど、同型がいて展開が苦しかったです。

 ▼4着ジョーダンキング(岩田康)展開ははまっているけど、直線で反応が鈍かったです。

 ▼5着キングズガード(浜中)折り合いを考えて乗りました。最後は来ているし、頑張っています。

 ▼6着タイムフライヤー(ルメール)状態は良かったけど距離が長かった。最後止まってしまった。

 ▼7着ナムラアラシ(幸)最後は脚を使っています。力を持っている馬ですし、展開ひとつです。

 ▼8着サトノプライム(古川)勝負どころで厳しくなったけど、直線で盛り返してくれました。

 ▼9着マッスルビーチ(松岡)距離が長かった。一番いい所にいたけど、4角でいっぱいになった。

 ▼12着モズアトラクション(藤岡康)タイミング悪くゲートを切られた。構えていったけど、気持ち的に走らなかったです。 

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年9月29日のニュース