【日本ダービー】フーリッシュ、言うことなし 鞍上も笑み

[ 2018年5月24日 05:30 ]

坂路でスペイシー(後方)と併せ追い切りをするステイフーリッシュ
Photo By 提供写真

 名手が好感触を得た。京都新聞杯を制したステイフーリッシュは、初コンビの横山典を背にして坂路で併せ馬。先行スペイシー(3歳未勝利)を見ながら運び、楽な手応えのまま2馬身先着した。時計は4F54秒3〜1F12秒6。鞍上は柔和な笑みを浮かべる。

 「(指示より)1秒ぐらい遅かったけど、速くなるよりはいいし、問題ない。現時点で馬は言うことないよ。こんなにいい馬の依頼が来ると思っていなかったし、光栄ですね」

 2歳暮れのホープフルSは追い込んで3着。一転、前走は2番手からの押し切り。レース運びに幅があるのは強みだ。作戦について問われると、「いろいろとレースで見せているし、あとは枠や馬場を見ながら。帰りの新幹線で、どういうレースをしたらいいのか考えますよ」と冗談でけむに巻いたが、確かな手応えを得た様子だった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年5月24日のニュース