【日本ダービー】ジャンダルム、馬なり好感触 ラスト11秒6

[ 2018年5月24日 05:30 ]

武豊を背にプロフェットと併せて追い切るジャンダルム(手前)(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 ジャンダルムはCWコースで半マイル追い。プロフェット(5歳1600万)に馬なり1馬身先着でラスト11秒6で上々の末脚。武豊は「調教はいつも動くけど、落ち着きもありいい感じ」と好感触を伝えた上で「左回りは初めてだけど合いそうな気もする。ナンボか左へ、左へと寄っていくからね」と舞台にフィットする可能性を口にした。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年5月24日のニュース