【日本ダービー】サンリヴァル、馬なりでCWコース軽快走

[ 2018年5月24日 05:30 ]

浜中を背にチップを蹴散らし、CWコースで追い切るサンリヴァル(右)(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 サンリヴァルは騎乗停止の藤岡佑に代わる浜中が追い切りに騎乗。シャドウブリランテ(4歳500万)とのCWコース併せ馬は馬なりでキビキビ動き、5F67秒5〜1F11秒4で1馬身先着した。初コンタクトを取った浜中は「凄く乗りやすいし、動きも良かったです」と好感触。本番へ「リラックスして走れるように、うまく組み立てたい」と思い描く。藤岡師は「競馬が上手で能力もある。長く脚を使えるから中山より東京が合いそう。皐月賞2着で悔しい思いをしたし、その分も結果を出したい」と逆転Vへ力を込めた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年5月24日のニュース