【日本ダービー】タイムフライヤー、スムーズに加速して先着

[ 2018年5月24日 05:30 ]

内田博幸騎手を背に、坂路でダノンロッソ(後方)と併せ追い切りをするタイムフライヤー
Photo By 提供写真

 タイムフライヤーは内田を背に坂路へ。先行したダノンロッソ(4歳1000万)を視界に入れながら、しまいスムーズに加速。4F55秒4〜1F12秒4で1馬身半先着した。松田師は「予定より2秒ほど遅くなりました。もう少しやりたかったですね」と微妙なジャッジながら、1週前にはCWコース併せ馬でビッシリ負荷をかけてある。「あとは金曜の調教で修正しようかなと。この中間は追い切り後の回復が早かったので攻めてこられました。皐月賞の頃はひばらの辺りが張っていなかったけど今はパンとしています」と出来上昇をアピールしていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年5月24日のニュース