【日本ダービー】ワグネリアン、ラスト12秒4 納得の仕上げ

[ 2018年5月24日 05:30 ]

坂路で追い切りをするワグネリアン
Photo By スポニチ

 皐月賞7着の雪辱を誓うワグネリアンは坂路で最終追い。1週前のCWで猛時計を刻んだとあって、この日は馬なり調整。4F55秒2〜1F12秒4で駆け上がった。友道師は「先週速い時計を出しているので今日は単走で。最後仕掛けて反応も良かった。落ち着きもある」と納得の表情。前走は1番人気を裏切る結果に終わったが、「悪い条件が重なったが、元々中山は合わない。直線の長い東京ならエンジンが掛かると思う」と反撃への確かな手応えを口にした。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年5月24日のニュース