【日本ダービー】藤原英師の自然体を積み重ねる教え 

[ 2018年5月24日 05:30 ]

川田将雅騎手を背に運動するダノンプレミアム
Photo By 提供写真

 【隠れ話 こぼれ話】ダノンプレミアムについて猿橋助手が「元々走ることを理解している馬。デビュー前からやることは変えていない。丁寧にやってきた」と話す一方で、エポカドーロで2冠を狙う藤原英師も「何かをいきなりやるのではなく、毎日の積み重ねが大事」と同じことを話していた。両厩舎に共通するあくまで自然体な姿勢。やるべきことをやってきたという自負が見える。

 中内田師は技術調教師時代に藤原英師の下で学んでいた。それが今の方針に生かされているのだろう。ダービー師弟対決について藤原英師に話を向けると「そんな小さなことは気にせん」ときっぱり。「うちは出し惜しみはしない。日本全体の競馬の底上げを考えなくては」。目下リーディングを独走する指揮官はもっと大局を見据えていた。最高峰の舞台で積み重ねてきたものを出し切った人馬が頂点に立つ。それがダービーの舞台だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年5月24日のニュース