【シルクロードS】カラクレナイ、サラッと好感触

[ 2018年1月25日 05:30 ]

Cウッドで軽快に追い切るカラクレナイ
Photo By スポニチ

 6Fに初起用のカラクレナイはCWコースで行きたがる面を見せたが、ラストはしっかり伸びて1F11秒8。松下師は「馬はできているし、オーバーワークにならないようにサラッと。動きは良かった」と感触を口にする。前走のスポニチ賞京都金杯(6着)は直線で先頭に並びかけるも伸び切れなかっただけに、距離短縮がプラスに出そう。「ジョッキー(池添)も“千二でもいいんちゃうかな”と。どんな競馬になるか楽しみ」と期待を寄せた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年1月25日のニュース