【根岸S】レッド、石橋の手腕に任せる

[ 2018年1月25日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=24日】根岸Sを読み解く鍵は逃げ馬にある。「我こそは!!」のタイプが見当たらないので、菱田はサイタスリーレッドが単騎逃げの利に持ち込むのではないか、とみている。佐藤正師は「好位で」としていたが、対戦相手の脚質を分析し始めると「初ブリンカー効果を生かすには、そっち(逃げ)もあるな」と、まんざらでもない表情になった。

 そのブリンカーを装着しての登坂。単走でテンから吹かし気味に飛ばすと4F51秒3の好時計をマーク。「ラスト(1F13秒2)は少しかかったが全体時計が速いからね」と納得の様子だ。

 今回の新パートナーは石橋。深い意味はないだろう、と思いつつ鞍上の話題を振ってみると、意外にも佐藤正師は人との縁を強調した。「彼は柴田(政人調教師)君の弟子だからね。馬事公苑時代に私が短期、柴田君が長期だったんだよ」。同じ釜の飯を食った古き時代に思いをはせて、全てを石橋の手綱に任せた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年1月25日のニュース