ブラック9位 「ワールドベストレースホースランキング」

[ 2018年1月25日 05:30 ]

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「2017年度ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。トップは昨年に続くアロゲートで、レーティングは前年と同じ134ポンド。2年連続のチャンピオンは11、12年のフランケル以来。2位はウィンクスで132ポンド。日本馬はキタサンブラックが124ポンドで9位タイ、シュヴァルグランが123ポンドで12位タイ。併せて「17年世界のトップ100G1競走」も発表され、1位が仏の凱旋門賞、2位が英のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSだった。日本のレースで最上位は12位タイの天皇賞・春とジャパンC。天皇賞・春は2700メートル超の「Extended」カテゴリーで世界1位だった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年1月25日のニュース