【TCK女王盃】戦い終えて

[ 2018年1月25日 05:30 ]

 ▼2着ブランシェクール(三浦)ゲートも五分に出てこの馬のリズムで走れた。長くいい脚を使ってよく食い下がってくれた。

 ▼3着ラインハート(笹川)前走でためた方がいいのが分かったので、直線に懸けた。

 ▼4着ララベル(真島)感じは悪くなかった。馬場と57キロの影響かな。

 ▼6着プリンシアコメータ(横山典)ここまで走らないのは、寒い時季によくあるパターンなのかな。雰囲気は良く感じたが…。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年1月25日のニュース