【土曜・京都新馬戦】ナゾの息子・エンマダイオウがデビュー「ゲート速い」

[ 2018年1月25日 16:04 ]

 いかつい馬名のエンマダイオウ(牡=佐々木、父アッミラーレ)が京都土曜3R(ダート1200メートル)でデビュー。個性的な命名で知られる小田切有一オーナーの所有馬だ。

 母が中央で5勝を挙げ、ファンも多かったナゾ。兄に4勝馬ニザエモンや16年の北九州記念で3着したオウノミチ(現オープン)がいる快速血統だ。「芝も良さそうだけど、まずはダートから。併せ馬でしっかりやって来たしゲートも速い」と佐々木師。500キロの巨体で他馬を蹴散らす。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年1月25日のニュース