【香港マイル】アラジン軽快!ラスト13秒2「状態問題ない」

[ 2017年11月30日 05:30 ]

国内最終追い切りを行うサトノアラジン
Photo By 提供写真

 香港国際諸競走(12月10日、シャティン)に出走する各馬が29日、各トレセンで追い切った。

 香港マイルのサトノアラジン(牡6=池江)は坂路で最終調整。馬なりで4F58秒5〜1F13秒2と軽快なフットワークで駆け上がった。「状態に関しては全く問題ない。前走(マイルCS12着)は自分から走るという感じではなく、レース後もケロッとしていた。やっぱり天皇賞・秋(18着)の、あの馬場で目いっぱいの競馬ができなかったのが影響していると思う」と池江師。3年連続の香港(15年カップ11着、16年マイル7着)で宿願なるか注目だ。なお、栗東所属の6頭は30日、午後3時50分発の飛行機で関西国際空港から香港に向かう。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年11月30日のニュース