【チャンピオンズC】アウォーディー“闘魂注入”1F12秒2

[ 2017年11月30日 05:30 ]

武豊を背にフェルメッツァ(奥)と併せて追い切るアウォーディー
Photo By スポニチ

 昨年2着馬アウォーディーの追い切りは静より動で、肉体面の強化よりハートに“闘魂注入”の意図が濃いものだった。追い切り直後に武豊がポロッと漏らした「しまいいっぱいにやったのは、サボリ癖がついてたからね」との言葉からも理解できる。

 CWコース、併せた相手は攻め駆けするオープン馬フェルメッツァ(次週の中日新聞杯予定)と本気モードの攻防の末、首差遅れ。6F82秒8〜1F12秒2。時計通り、ハイライトはラストに凝縮される。

 「道中、思ったより前向きさもあったし、直線で追い付くまでは楽な感じだったのに、そこからなかなか前へ出ようとしなかった。でも馬体に張りはあるし、状態はいい。7歳という感じはしない」と手応えを明かす武豊。

 昨年のチャンピオンズC2着から前走のJBCクラシックまで5戦、白星から見放されている。ダート転向から破竹の6連勝を演じたインパクトを知るだけに物足りなさは残る。JBCクラシックでG1馬の仲間入りは果たしているが、いまだJRA・G1は手にできていない。「乗りやすい面と気難しい面の両方があるので、いろいろと考えて乗る」と武豊は意欲をにじませた。

 松永幹師は騎手時代、アウォーディーの母ヘヴンリーロマンスで天覧競馬(05年天皇賞・秋)を制し、日本中を感動の渦に巻き込んだ。その息子を頂点に立たせてあげたい思いは人一倍強い。「気性面やコース形態がかみ合えば、力は発揮できると思う」と強調。1年前の忘れ物を奪い返す時が来た。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年11月30日のニュース