【チャンピオンズC】ゴールドドリーム文句なし!1F11秒8

[ 2017年11月30日 05:30 ]

坂路単走で追い切るゴールドドリーム
Photo By 提供写真

 ゴールドドリームが抜群の動きを見せた。体重の軽い藤懸(本番はムーア)が乗ったとはいえ、坂路単走で4F51秒1〜1F11秒8は文句なし。平田師は「状態は申し分ない。体がデカくなってるから、体重は増えても大丈夫」と笑みを浮かべる。前走がゲート内で落ち着きを欠いての出遅れだっただけに、鍵はスタート。「しばりとプールを併用してやったし、今回は大丈夫じゃないかな」と祈るように話した。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年11月30日のニュース