【香港ヴァーズ】キセキ 馬なり12秒7!ミルコも太鼓判

[ 2017年11月30日 05:30 ]

ミルコ・デムーロ騎手を背に、国内最終追い切りを行うキセキ
Photo By 提供写真

 菊花賞馬は好調キープだ。香港ヴァーズに出走するキセキ(牡3=角居)は、坂路単走で4F54秒1〜1F12秒7。ほぼ馬なりで駆け上がった。M・デムーロは「いい状態。前走と変わらないね」と安どの笑み。ポイントには香港の馬場を挙げて、「本来は奇麗な馬場の方が合うタイプだからね」と展望した。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年11月30日のニュース