【ステイヤーズS】フェイムゲーム半馬身遅れも「昨年より集中」

[ 2017年11月30日 05:30 ]

併せで追い切るフェイムゲーム(左)
Photo By スポニチ

 フェイムゲームは昨年の天皇賞・春(8着)以来のコンビとなるボウマンが騎乗してWコースで併せ馬。サトノダヴィンチ(5歳1000万)を4馬身追走からスタートして半馬身遅れでフィニッシュ。鞍上は「ハッピーな状態で気持ちよく走れていた。昨年より集中していた」と笑顔。「天皇賞はいい位置を取れなかったが、中団で競馬できていれば、もっと上の着順を狙えていた。スタミナも問題ない」と重賞6勝目を見据えていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年11月30日のニュース