マイティティー“遠征付きっきり”池添が大井で暴れる!

[ 2017年10月5日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=4日】スタンド前で見慣れない姿を見つけた高木の脳裏に8月の苦い思い出がよみがえる。視線の先には栗東所属の池添。今日のレディスプレリュード(大井)出走マイティティーと同じく、なんと金曜から美浦に“出張”している。土日は阪神→中山で騎乗し、月〜水曜も相棒の調教に没頭。「(調教師に)調教をつけないと乗せないと言われているので(笑い)。栗東と違って右、左の両回りがあるので迷いそうになる」と慣れない環境に少しお疲れモードだった。

 実は前走(ブリーダーズゴールドC1着)の予想会を現地・門別で行っていた高木。3秒以上負け続けた近3走からの激変を見抜けず、現地ファンに迷惑を掛けた。「状態は前走と同じくらい。ああいうモマれない形をつくれるかにかかっている」と池添。一流ジョッキーが前週から“遠征付きっきり”というのはG1でもあまり見ない光景。今週末は3重賞が控えるが、まずは勝負気配ムンムンの馬券が気になってきた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース