【毎日王冠】ヤングマンパワー 1馬身先着「前走よりもいい」

[ 2017年10月5日 05:30 ]

併せで追い切るヤングマンパワー(左)
Photo By スポニチ

 ヤングマンパワーは前走・関屋記念(4着)に続いてコンビを組む石橋を背に、Wコースでマイネルスフェーン(3歳オープン)と併せ馬。4馬身追走から直線は内に進路を取り、馬なりのまま1馬身先着した。見守った手塚師は「順調だね。ジョッキーは“関屋記念よりいい感触”と言ってくれた」と笑顔。強力メンバー相手に初の芝9F戦となるが、師は「夢が膨らむ競馬をしてほしいね」と好勝負を期待した。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース