【大井・東京盃】ミカヅキV!サブちゃん誕生日に重賞連勝

[ 2017年10月5日 05:30 ]

東京盃で重賞V2を飾ったキタサンミカヅキ(右)
Photo By スポニチ

 JBCへのステップG2「第51回東京盃」が4日、大井で行われ、7番人気キタサンミカヅキが快勝。北島三郎オーナー81歳の誕生日に重賞V2を決めた。

 中位追走から直線大外へ。切れ味抜群の末脚を発揮し、ゴール前でブルドッグボスを半馬身かわした。繁田は「体も増えて(10キロ増)パワーアップ。自信を持って乗った。北島先生の誕生日に勝てて良かった」と笑顔。JRAオープンから船橋へ移籍し、S3(8月のアフター5スター賞)、そしてG2を連勝。佐藤賢師はすぐさま、北島オーナーに電話で勝利を報告。「風邪をひいたようでね。北島先生、勝ったよ!と伝えたら、ありがとう!!行ければ良かったんだけどな、と喜んでくれた」と佐藤賢師。次は優先出走権を獲得したJBCスプリント(11月3日、大井1200メートル)でG1制覇を目指す。

 ◆キタサンミカヅキ 父キングヘイロー 母キタサンジュエリー(母の父サクラバクシンオー) 牡7歳 船橋・佐藤賢二厩舎 馬主・大野商事 生産者・北海道日高町の広中稔氏 戦績43戦8勝(南関東2戦2勝) 総獲得賞金1億9243万円。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース