【毎日王冠】キャグニー 馬なり12秒9「体幹がしっかり」

[ 2017年10月5日 05:30 ]

単走で追い切るダイワキャグニー
Photo By スポニチ

 ダイワキャグニーはWコースで6F82秒9〜1F12秒9と馬なりながらしっかり伸びた。菊沢師は「活気があって、それでいて落ち着いているのがいい。気持ちの面と体幹がしっかりしてきた」と好感触。東京芝1800メートルはデビュー2連勝を飾った舞台。「強いメンバー相手に今の状態でどのくらいやれるか、胸を借りるつもりでいく」と真っ向勝負を挑む構えだ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース