フィドゥーシア 京阪杯がラストラン…その後は繁殖へ

[ 2017年10月5日 05:30 ]

 G1スプリンターズSで9着のフィドゥーシア(牝5=松元茂)は次走のG3京阪杯(11月26日、京都)がラストラン。その後は繁殖にあがり、初年度の交配相手にはノースヒルズ生産でダービー馬のキズナを予定。ノースヒルズの生産馬ではすでにダート重賞6勝のアムールブリエがキズナと交配して渡米している。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース