【サウジアラビアRC】ステルヴィオ12秒9、落ち着きに納得

[ 2017年10月5日 05:30 ]

併せで追い切るステルヴィオ(手前)
Photo By スポニチ

 土曜東京メイン「第3回サウジアラビアRC」の追い切りが東西トレセンで行われた。

 初夏にキラリと光った一番星は、秋を迎えてもその輝きを保っている。ロードカナロア産駒の初勝利を挙げたステルヴィオはWコースで併せ馬。道中は重心の低いフォームでしっかり折り合い、レッドエレノア(3歳500万)を追走。内に併せた直線半ばでは手応え劣勢だったが追われるときっちり反応し、6F82秒0〜1F12秒9で併入した。木村師は「よく頑張っていたし、落ち着いている」と納得の表情を浮かべた。

 新馬戦がスタートした週に東京芝1600メートルのデビュー戦を勝つと、2戦目は札幌のコスモス賞。コース、距離、重馬場など初めての条件をクリアした。着差こそ首だったが、師は「馬が若いから、あちこちに行って競馬をするのはそんなに楽じゃない。それでも勝ち切ったということは大きい」と愛馬を称えた。その間に厩舎が新エリアに引っ越し、帰厩時には同じ美浦でも環境が変わった。「最初の1、2日はガチャガチャしていたが、落ち着きを取り戻した」。師は高い環境適応能力に目を細める。

 兄ボルゲーゼ(父キングカメハメハ)も管理する師は「兄姉よりこちらの指示に従ってくれる余裕がある。それがロードカナロアの良さじゃないかな」と分析する。快勝した新馬戦と同じ舞台。産駒初勝利に続いて初重賞Vを飾れば、一番星はスターへと変わる。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年10月5日のニュース