【船橋・京成盃GM】リンクス重賞4勝目!的場は最年長記録更新

[ 2017年6月22日 05:30 ]

<船橋・京成盃GM>を快勝した的場騎乗のリアライズリンクス
Photo By スポニチ

 「第20回京成盃グランドマイラーズ」が21日、船橋で行われ、3番人気リアライズリンクスが重賞2連勝を決めた。4度目の重賞制覇。鞍上の的場文男は自身が持つ最年長重賞勝利記録を60歳9カ月に更新した。

 あれから1カ月。歓喜再びだ。5月17日の川崎マイラーズ。リアライズリンクスの手綱を取ったレジェンド的場は地方7000勝を達成。同じコンビが今度は船橋で輝いた。好位追走から直線で抜け出すと、後続の追い上げを首差封じてV2。「いつもと変わらず臨んだ。スタートが良く、思った位置が取れた。本当にいい馬になったね」と的場。リンクスは浦和、大井、川崎、船橋の南関4場全てで重賞を制した。小久保師も「充実している。状態が上がるまで待って次走を決めたい」と笑顔を見せた。

 ◆リアライズリンクス 父ダイタクリーヴァ 母ブライティアイブン(母の父マイネルラヴ) 牡7歳 浦和・小久保智厩舎 馬主・飯田訓大氏 生産者・北海道平取町の赤石牧場 戦績36戦15勝 総獲得賞金1億1032万5000円。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年6月22日のニュース