【函館新馬戦】米国産デルマキセキは「気持ち前向きで初戦向き」

[ 2017年6月22日 05:30 ]

 日曜函館5R(芝1200メートル)を予定している米国産のデルマキセキ(牝=友道、父スキャットダディ)は、藤岡康が騎乗して芝コースで併せ馬。ラスエモーショネス(2歳新馬)を4馬身追走し、馬なり1F12秒6で併入した。

 「初めての芝を気にしながら走っていたが、反応させてからはいい動きだった」と鞍上。松館助手は「十分仕上がった。気持ちが前向きな馬で初戦向き」と手応え。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2017年6月22日のニュース