【阪神新馬戦】シュバルツボンバー、力強く登坂 初陣V兄に続け

[ 2017年6月22日 05:30 ]

 日曜阪神5R(芝1800メートル)に出走を予定しているシュバルツボンバー(牡=須貝、父ディープブリランテ)は坂路で追い切り4F54秒4〜1F13秒3を計時。前日からの雨で上がりは要したが、力強い脚取りで駆け上がった。

 担当の野見山助手は「馬っ気が強くて幼いところはあるが、動き自体はいい。フットワークが軽くて芝は合いそう」と好感触。同厩舎で半兄のイモータル(父マンハッタンカフェ)は昨年の共同通信杯2着の実績。「調教通りなら初戦からやれていい。激しい気性が走る方に向いてくれたら」と兄に続く初陣Vに期待した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年6月22日のニュース