【宝塚記念】5度目の挑戦…納得の動きだヒットザターゲット

[ 2017年6月22日 05:30 ]

 5度目の宝塚記念挑戦となるヒットザターゲットは新たにコンビを組む川田を背に坂路で最終追い。4F54秒6〜1F12秒8は緩んだ極悪馬場を考えれば悪くない時計だ。

 加藤敬師は「乗り役が乗った分、普段より時計は1つ半ぐらい速くなったが、負担はかかっていない。ブリンカーの効果は分からないが、真面目に走っていた。競馬でも着ける予定」と納得の表情。気になるのは週末の空模様で「天気予報では日曜にも傘マークがついていた。良馬場じゃないと駄目だから」と話していた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2017年6月22日のニュース